たいちょうのプロフィールはこちら

せどりのセミナーに行ってみた。情報商材は絶対に買ってはいけない理由

副業
スポンサーリンク

今の給料に満足ができない。
死ぬまでサラリーマン生活なんてやだやだやだやだ!!!
もっと自由な働き方をしたい。

副業を始めるきっかけは、こんな心のストレスからだと思います。
ほとんどの方が、今の生活を変えたい。少しでも裕福になりたいという思いで初めているんではないでしょうか?

僕も全く同じです。
なぜ僕が副業をやっているかは、別の記事に記載しているので、よかったらご覧ください。
【社畜必見】社畜サラリーマンの僕が副業やってて良かった事~

僕は、完全に独学のみで副業をスタートしました。
できる事はなんでもやりましたが、
一番結果が出たのはネット物販、いわゆり「せどり」というやつです。

リアルの店舗やECサイトで購入した商品を、ヤフオクとか、Amazonで販売するというもので、誰でもできて参入障壁の非常に低い副業です。

現在、毎月10~15万程の利益が出るようにはなったものの、これ一本で生活する事は現実的ではないですけどね。

たまたま育休中で時間を調整できたので、副業をもっと拡大する為に自分1人の力ではなくて、他人のノウハウを学ぶ為にセミナーにいきました。

そこで思ったのは、「有料情報商材は絶対に買ってはいけない」という事です。
僕が参加したセミナーの内容と有料情報所在を絶対に買ってはいけないと感じた理由を文章にします。

スポンサーリンク

僕が参加したセミナーの内容は?

「有料商材を買ってはいけない」という内容の記事なので、参加したセミナーに悪影響がでるのも申し訳ないので、名前は伏せておきます。

よくあるノウハウを使って、自分の手をあまりかけずに稼ごうというやつです。

せどりセミナーの内容は??

自己紹介

スピーカーが複数いるセミナーだったのですが、どの方も自己紹介が長く、
早く本題に入れ!!と心の中で思っていましたwww

頻繁に出る単語は、1日20時間はリサーチした。とか根性論のオンパレード。
それが嫌だからセミナー聞きにきてるっつーの。
まぁ死ぬ思いで努力して成功したから、僕の事信じて大丈夫だよ!と思ってもらいたいんだろう。。。
説得の仕方がロジカルではなく、好きなタイプではなかった。

セミナーの事前アンケートへの回答

大事なプログラムの1つだとは思いますが、回答が適当で、
深い質問になると、知識の浅さを露呈していました・・・
多分、こいつらあんまり知らねぇな?→本当に稼いでんの?と不安を煽るプログラムでした。

アフィリエイトのセルフバックを使って、現金を作る方法

ようはアフィリエイトに登録して自分の身内や友人のアカウントを操り、
同じ案件に何度も申し込みをして報酬を得るというやつでした。
グレーに近い白とはこういった事でしょうか?

「副業 資金」と検索すると似たような記事が山のように表示される内容だったので、ほぼ実践済みだった。
他の人のブログだけど、これすごくわかりやすいです。
a8ネットのセルフバック(自己アフィリエイト)のやり方・稼ぎ方まとめ

副業での組織の作り方

結論は「選択」と「集中」。
せどりは、価格差の出る商品をリサーチする事にすごく時間かかるし、
これが一番大事。
「それ以外の事は、人を雇って自分がやらなければならない仕事をしよう」という話でした。発送作業とか、検品作業とかね。

ここは結構興味深く、個人レベルの副業でも、ジモティー等のサービスを使ってアルバイトを募集する事ができるみたいです。
僕もチャレンジしてみます。

最後は情報商材の販売会

彼らの本当の狙いは、セミナーの最後の情報商材の販売です。

「せどり初心者でも自分の手を動かさずに楽して月20万円の利益を永続的に出す事ができるという情報商材でした。」

金額は50万ぐらい。

これが高いか安いは人それぞれですが、講義を聞いて心が動かなかった僕にとっては高い買い物のように思えて、その場でお断りをしました。

スポンサーリンク

物販の情報商材は、購入するメリットは無いと思った2つの理由

情報商材の販売者を信用する事ができなかったから

1度しか副業のセミナーには参加していない僕ですが、
高額な情報商材を購入する為には「信頼」というのが前提にあると思います。

商品は、本当に稼げるのか?
このノウハウを使って、販売者は本当に稼いでいるのか?

販売者の彼らは、信頼0の状態でセミナーに挑んだ僕を3時間のプレゼンで信頼を100まで上げて、情報商材を売るのがゴールです。

今回のセミナーの内容では僕は信頼10ぐらいまでしか上がらなかったです。

信頼できないものに対して50万円の出費はリスクが大きすぎます。

仕事柄、業務効率化のツールの営業を受けたりしますが、
上手な営業は、ツールの説明、他社事例、もしうちの会社がそのツールを取り入れた場合の効果のシュミレーションととてもわかりやすく説明してくれます。

今回のセミナーでは、この3点の説明が薄かったので購入に至りませんでした。

■ツールの説明(=商材の説明)
「ノウハウを教えて手厚いサポートをする」という事でした。簡潔ではなかったですが、及第点です。

■他社事例(=この商材を買った人が稼いだ事例)
ここが薄かったです。1枚のスライドに「初めて2ヶ月で30万利益がでました」とありましたが、この情報では信頼できないですね。

■効果のシュミレーション
ここはコミットできない所ですが、一切の説明が無かったので、買った自分を想像する事ができなかったです。
情報商材を買う→どんなスキルが身につく→月収が20万増える。
こういった説明をしてくれると心は動いたかもしれません。

本当に稼げる情報を人に教えるメリットがない

考えてみてください。

自分の勤めている企業が競合にノウハウを教えますか??

参入障壁が非常に高く、高い技術が必要な業界であれば、ノウハウを披露してもダメージは少なく、業界全体が活性化して最終的に利益が還元される可能性はあります。

しかし「せどり」は参入障壁が非常に低い業界です。
ノウハウを公開すると自分達が儲ける事ができなくなります。
ではなぜ情報を売るのか?

僕の見解はこうです。

・自分のノウハウでは将来稼げなくなるから、稼げなくなる前にノウハウを販売して大きな資金を手に入れる為

・核となるノウハウは誰にも教えずに、最低限の知識を販売する事で利益を拡大する為。

絶対に1億円稼げる方法を、10万円で人に売る事で、自分の稼ぎが5,000万になる。
あなたはこの条件で絶対1億円稼げる方法を販売しますか?

僕なら、1億円稼げるかも?という方法を10万円で人に売って、
自分の稼ぎを1億10万円にします。
それか、本当は1億円とか稼げる方法ではないけど、
それを10万円で1,000人の人に売って1億円を稼ぎます。

上記の理由から、物販「せどり」の情報商材は絶対に買ってはいけません。

まとめ

セミナーに行ってみて、何も得るものが無かったかと言うとそうでもないです。
・自分の位置を確認できた。
・情報商材の営業を体験する事ができた。
・情報商材は買ってはいけないという事がわかった。

一番の学びは「情報は全てGoogle先生に聞けばわかる」という事でした。
今回のセミナーに関しては、僕の知らない知識は一つもなかったです。
わからない事はまず検索。

しかし、この情報商材を購入した人もいて、成果を出している人もいるかもしれません。僕の場合はメリットを感じる事ができませんでした。

良い経験なので、興味と機会があれば色んなセミナーに参加してみてください。

タイトルとURLをコピーしました