たいちょうのプロフィールはこちら

有名ブロガーが書いた本を読んで早速行動してみた。「アソビくるう人生をきみに。」

読書
スポンサーリンク

僕がブログを始めたきっかけの一つが「アソビくるう人生をきみに。」という本があります。

この本は、クソマジメゲスブロガーのあんちゃという方が書いた本です。

この方は「まじまじぱーてぃー」という最高にイカしたブログを書いていて、
僕が晴れた日に、ネットサーフィンで波を感じている時に、たまたま発見しました。良い波だったぜ。

20代の等身大のイカした女性が、周りの意見を気にせずに好きな事を記事にしているところと、サラリーマンを辞めて、ブログを中心に自分の好きな事をして生活をしているライフスタイルに憧れと、ちょっとしたジェラシーを抱きました。

僕だって、自分の人生は自分で決めたいと思い、まずは行動しなければと思いブログを始めました。

そして、勝手に師と仰いだ、このクソマジメゲスブロガーのあんちゃさんが書いた「アソビくるう人生をきみに。」を読み、彼女のとった行動を真似る事から始めました。

彼女が書いた 「アソビくるう人生をきみに。」 の中で、
自分が真似て行動した事をまとめてみます。

根拠は無いけど、行動して少し自分が良い方に変わった気がするので、
ぜひ、皆さんもこの本を読んで、行動してみてください。

スポンサーリンク

「アソビくるう人生をきみに。」 を読んですぐ行動した事

自分に宿題を出す

自分の頭で考えながら続けること。

ブログでもなんでもいいので、「何か新しいことに挑戦したい」と思っているなら、「1ヶ月間続けてみよう」と自分に宿題をだしてみてください。
この宿題、圧倒的にできない人が多いんです。だからこそ、やり遂げた人は成功する可能性が高くなるのです。

「アソビくるう人生をきみに。」 を参照

このブログを始めるにあたって、僕もまずは「1ヶ月続ける」事を目標にしました。
3日坊主で、トイレ行った後、手を洗う事すら毎回続けられていない僕には、なかなか高いハードルでしたが、この宿題を終えた時に、少しでもクソマジメブロガーのあんちゃさんに近づく事ができると信じで頑張りました。

結果は、1ヶ月で30記事書く事ができ、これで僕も成功者になる確率が飛躍的に上がったはずです。(まだ実感はないけどwww)

【2019年6月】ブログを始めて1ヶ月経過。マインドや数字の事を話そう。

まだまだ、習慣になっているかはわからないけど、ふとした瞬間に、これブログで使えるんでは??というアイディアが少しは出るようになりました。
大きな成長です。

多分、2ヶ月目も続けていければ、新しい発見や成長があるはず。
これを信じて、今日も夜な夜なパソコンと戦います。

※ブログと同じ時期に始めた、トイレの後の手洗いも未だに続いています。
だから、僕と握手してもキレイな手だから安心してね。

自分のキャラを引き出す

個性を出すためには、自分のキャラ(押し出したい部分)を設定するのが一番です。

キャラを決めたら、それを貫くこと。

「アソビくるう人生をきみに。」 を参照

ブログの記事の内容とかは、まだブレブレで、自分の好きな事や体験しか書いていませんが、僕が一つ貫いていることは、「絵」です。
このブログのアイキャッチ画像にもありますが、自分のキャラクターを惜しみなく前面に出して、ブログの内容にまつわる「絵」を書いています。
(我ながら、めちゃくちゃ似ています。僕の顔は本当に書きやすい)

絵を書いている理由は、「絵が上手に描けるようになる事」を2019年の僕の目標に掲げていた為です。
今まで絵を描いた事なんて、美術の授業ぐらいだけですが、2019年は無性に絵を描きたくなったのです。理由は未だに不明です。

毎日描けば、少しは上手くなると思ったので、ブログを始めた事をきっかけに、自画像を描き始めました。

まだまだ、鳥山明さんのように上手には描けていませんが、楽しみながら絵を描いています。

これからの、たいちょうの画力UPに期待しててください。

多分、毎日続ければ、必ず良い方向にいくはずなので。

この本にも書いていますしね。

今すぐ人間関係の断捨離をしよう。

もうホント、「数だけ」の人間関係は消耗でしかないって実感しました。
つきあいたくない相手と過ごしたその時間は、一生戻ってこないということだけ覚えておいてほしいです。

「アソビくるう人生をきみに。」 を参照

ゴキブリ並みに環境適応能力が高いと自分で少し思っている僕は、
八方美人を超えた、十六方美人、いや、365方美人(これはもうただの美人)

ハゲメガネというキャラは、いじりやすいし、そこそこ親しみやすいのだと思う。
今の会社でも、そのゴキブリっぷり、いや美人っぷりを遺憾なく発揮しているのだが、ぶっちゃけ付き合いたくない人はすごく多い。

でも、自分の居場所を作る為、周りから好かれる為に嫌な飲み会にも参加したし、嫌いな上司にゴマをすったりしている(もう擦り過ぎて、いりごまになってる)

毎週金曜日に飲みに行って、好きでもない人と飲むビールは最低の味。

時間もそうだし、お金だって、ドブに捨てている。

まだまだ、365方美人は健在しているっぽいけど、育休から復帰した今は、この本の書いている通りに、飲み会の誘いを「子供が産まれたばかりなんですみません」の一言でぶった切っています。

「娘よ、ありがとう。お前のおかげてパパは、変われそうな気がするよ」

本当に付き合いたい人と一緒に時間を共にする。

「友達100人できるかな?」は僕には合わない。
「自分が好きな友達1人と100年一緒にいたい」

スポンサーリンク

「経験したことがない人」の意見は聞かない。

批判や反対はいつだって「それをやったことがない人たち」が言ってくる

「アソビくるう人生をきみに。」 を参照

僕がブログを始めた時に、会社の上司に話をしました。

その時の僕は、「ブログを始めて、本業以上に稼いで、家族との時間をもっと増やして、人生でやり残しがないように生きる」と意気揚々と語ったのですが、

その上司から、「ブログで飯食ってる人が、世の中に何人いるの?今からブログ始めるのは、ちょっと遅い。ほとんどのジャンルに強いプレイヤーがいて、結果なんて出ないよ。ドメインの強さ違い過ぎるから。もう30代なんだから甘い考え捨てた方がよいよ。新しい家族もできたんでしょ?」と完全否定。

これ完全に本に書いてある通りじゃないか!!

Googleで「ブログ 稼ぐ 無理 特に素人のハゲメガネは」と検索して出てくる情報のコピペのような気がしました。

上の章でも書きましたが、断捨離対象リストに名前が載りましたwww

新しい家族が出来たから、行動する
30代でそこそこ経験したからこそ、行動する

僕と考え方が真逆でした。。。

でも、真正面から言われると、傷つきましたね。
自分が決めた事が間違っているような気がして・・・

こんな事で、ショックを受けている自分の覚悟が足りないのか?
それとも、人間というのは、こんなにも弱い生き物なのか??

今でも鮮明に心のごみ箱の隅にこびりついていて、なかなか取れません・・・
たまに、1日誰からもアクセスが無い時とかに、このこびりついたごみが頭をよぎるのです。

「どうせ。成功しない。時間の無駄だぞ。コンビニでビール買ってたっぷり飲んで早く寝ろ」

僕は時々、こんな戦いをしながらブログを書いています。

経験上、完全に無視する事は難しいと思うので、戦いましょう。

そんな時にこの本を読みます。

あと、自分が相談受けた時は、同じこと言わないように心がけています。
犠牲者を増やさないように。

「他人の目」からフリーになる。

・他人の目が気になるのはなぜか?→人に嫌われたくないから
・なぜ嫌われたくないのか?→自分が1人になってしまうのが怖いから
・なぜ1人になるのが怖いか?→1人を笑われるのが恥ずかしいから
・なぜ恥ずかしいと思うのか?→自分は人より劣っていると感じてしまうから

そうやって、不安要素を突き詰めていくと、根本の原因は、自分に自信がないから、自分で物事を決めるのが怖かった」んです。

「アソビくるう人生をきみに。」 を参照

上の章でも書きましたが、僕が365方美人でいる理由は完全にこれです。

飲み会で話の輪に入れず、ポツンと1人になるのが怖い。
結婚式の二次会で、友人がトイレにいく間、1人になるのが怖い。
クラブで1人で踊るなんて考えられない。

僕には自信がなかったんですね。外見は堂々としているように見せているだけで中身は、周りの目ばかり気にしてオドオドしている。

僕は、子供時代、人と比べてばかりいて、常に劣等感を感じていました。
何をやってもうまくいかない。何も続かない。

こんな弱い自分を隠す為に、心に厚化粧をして、365方美人の出来上がりです。
化粧を落としたら、ほんとひどい顔しています。

僕がブログを始めた理由も、自分1人で会社の力に頼らず、生活する為です。
このブログがたくさん人が見てくれるようになった頃には、厚化粧をしなくてよくなっているとよいです。
すっぴんで勝負ができる事を祈って、行動してみます。

スポンサーリンク

まとめ

まだまだ5つしか実行していないですが、まずこの5つを続けてみようと思います。

とっても読みやすく、考えさせられる内容が多く、僕が好きな「ズッコケ3人組」と並ぶぐらいオススメしたい本です。

気を付けないといけない事は、本を読むだけではダメという事。
感銘を受けた事を1つでもやってみると良いかも。

僕もズッコケ3人組を読んで、学生時代は常に3人組で行動していました。
体のデカい僕は当然モーちゃん役です。

タイトルとURLをコピーしました