せっかく世田谷万葉集に訪れたのだから、まず最初に読んでほしい10記事!!>>

【徹底解説】BASE BREAD(ベースブレッド)カレーのレビュー 味やカロリー

悩んでいる人
悩んでいる人

ベースブレッド の新商品「ベースブレッド カレー」って美味しいの?

食べてみた感想を知りたい。

本記事はこのような悩みの方に向けて書いております。

本記事の内容
  • ベースブレッド カレーを食べてみた
  • ベースブレッドカレーを食べてみた感想
  • ベースブレッドカレーの口コミ
  • ベースブレッドカレーの調理方法は?
  • ベースブレッドカレーの保存方法は?
  • ベースブレッド カレーの栄養素(気になるカロリーも)
  • ベースブレッドカレーのアレルギーは?
  • ベースブレッドカレーの賞味期限は?
  • ベースブレッドカレーの原材料は?
  • ベースブレッドカレーをお得に買う方法は?
たいちょう
たいちょう

僕はベースブレッドを約2年ほど朝食で食べている、筋金入りのベースブレッド マニアです。

2021年2月3日(水)にベースブレッド(メープル・シナモン)に続く新たな商品が登場しました。

それが、ベースブレッド(カレー)です。

今まで、ベースブレッドチョコ、ベースブレッドメープル、ベースブレッドシナモンと甘い味の発売が続いていたので、ベースブレッドファンとしては待望のしょっぱい味のパンです。

発売前に特別に入手する事ができたので、実際に食べた感想と今までのベースブレッドと比較してみて解説します。

▼ベースブレッドカレーの注文はここから▼
初回購入20%OFF 最安です
ベースフード  スタートセット>>

ベースブレッド カレーを食べてみた

たいちょう
たいちょう

こちらが2月3日発売の新作ベースブレッドカレーです。

今までのベースフードの袋の中で最も黄色ですね。

たいちょう
たいちょう

電子レンジで40秒温めて、早速食べていきます。

ベースブレッドカレーを半分で割ってほっかほかのカレーのお出ましです。

うーん。美味しそう。

たいちょう
たいちょう

写真で見ると、あんぱんとかおまんじゅうに見えるのは僕だけでしょうかw

小さくてとても可愛らしいサイズ感です。

間食にちょうど良さそう。

ベースブレッドカレーを食べてみた感想

ベースブレッドを約2年間食べ続けている僕が、新作ベースブレッドカレーを食べた感想を紹介します。

普通にうまいカレーパンw

「普通にうまいカレーパンじゃん!!」

これが最初に食べた時の感想です。

ベースブレッドには全粒粉由来の独特な味わいがあり、これが美味しくないという口コミもありますが、今回のベースブレッドカレーは完全に消えています。

これはパン生地に本格派カレーに使われるスパイスの「ターメリック」と「クミン」を使っているからです。

また、パンの中に入っているカレーは、玉ねぎの甘みとスパイスがマッチしていて、まさに本格派カレーです。

なので、「普通にうまいカレーパン」という感想が出てきたのです。

香りもカレーそのもの

味わいだけでなく、香りもカレーそのものでした。

カレーというより、カリーに近くスパイスの良い香りが食欲をそそります。

過去のベースブレッドの中で1番香りが強いので、職場で食べる際には匂いテロに要注意です。

サイズが小さくて食べやすい(男性は1個じゃ物足りないかも)

ベースブレッドカレーは過去のベースブレッドの中で最もサイズが小さいです。

その為、手軽に食べる事ができるのがメリットですが、一般男性はベースブレッドカレー1個だと物足りないと思います。

朝食や昼食をベースブレッドカレーに置き換える場合は、2個分食べる事をおすすめします。

待ちに待った、ベースブレッドのしょっぱいパン

今まで、ベースブレッドはプレーンに始まり「チョコ」、「メープル」、「シナモン」と甘いパンがずっと続いていたので、毎日ベースブレッドを食べる僕からすると待望のしょっぱいパンです。

色んな味が増えると、毎日続けられるから良いですよね。

▼ベースブレッドカレーの注文はここから▼
初回購入20%OFF 最安です
ベースフード  スタートセット>>

ベースブレッドカレーの口コミ

2021年2月2日(火)現在、まだ発売されていないので公式HPやAmazonや楽天の口コミにはコメントはありませんでしたがSNSで一部口コミが合ったので紹介します。

一般発売されましたら口コミを更新しますね。

▼まぁこれ僕なんですがw▼

ベースブレッドカレーの調理方法は?

ベースブレッドカレーの調理方法について解説していきます。

ここで重要なお知らせです。

ベースブレッドシリーズの中で1番調理時間が長いのがベースブレッドカレーです。

電子レンジで40秒温める必要があります。

今までのベースブレッドは電子レンジで20秒温めるだけで食べられたのですが、ベースブレッドカレーは倍の40秒です。

たいちょう
たいちょう

取り乱しましたが、ただが20秒なのであんまり気にしていないのが本音ですw

カレーパンなので温めて食べた方が美味しいですよね。

ベースブレッドカレーの保存方法は?

ベースブレッドカレーの保存方法について解説します。

ベースブレッドカレーは、今までの商品と同様に常温保存が可能です。

直射日光や高温多湿を避けての保存を推奨しています。

また夏の日など、室温が20度を超える場合は冷凍庫で保存してください。

詳細は、下記の記事でも解説しています。

ベースブレッド カレーの栄養素(気になるカロリーも)

細かい数字が嫌いな方の為に、ベースブレッドカレーの栄養についてまとめます。

  1. 1食(2袋)で1日に必要な栄養素の1/3以上取れる
  2. 多いものだと1食(2袋)で1日に必要な量の60~100%摂取できる栄養素もある
  3. 過剰摂取が気になる栄養素は少ない

また、みなさんが気になるカロリーについて過去のベースブレッドの商品と比較をしてみました。

栄養成分表示カロリー
ベースブレッド(プレーン)205kcal/個
ベースブレッド(チョコ)263kcal/個
ベースブレッド (メープル)264kcal/個
ベースブレッド (シナモン)262kcal/個
ベースブレッド(カレー)253kcal/個
たいちょう
たいちょう

カレーだからカロリー高いかな?と思いましたが、実際はプレーンの次にカロリーが低いです。

多分、プレーンと同量にしてしまうとカロリーが高すぎてしまうのでベースブレッドカレーはサイズが小さいのだと思います。

ベースブレッドカレーの栄養素が気になるという方の為に1個あたりの栄養素を表にしました。

栄養成分表示1個あたり
熱量253kcal
たんぱく質13.5g
脂質10.2g
n-3系脂肪酸0.7g
n-6系脂肪酸2.0g
炭水化物28.4g
糖質24.7g
食物繊維3.6g
食塩相当量1.21g
亜鉛1.8mg
カリウム467mg
カルシウム120mg
クロム2.2μg
セレン15.8μg
1.3mg
0.2mg
マグネシウム70mg
マンガン1.4mg
モリブデン46.8μg
ヨウ素24.1μg
リン167mg
ナイアシン7.6mg
パントテン酸1.1mg
ビオチン13.8μg
ビタミンA158μg
ビタミンB10.3mg
ビタミンB20.3mg
ビタミンB60.4mg
ビタミンB120.4μg
ビタミンC17mg
ビタミンD1.2μg
ビタミンE2.6mg
ビタミンK32.3μg
葉酸78μg

ベースブレッドカレーのアレルギーは?

BASE BREAD(ベースブレッド)カレー味には、下記のアレルギー物質が含まれています。

  • 小麦
  • 牛肉
  • 豚肉
  • りんご
たいちょう
たいちょう

今までのベースブレッドでは使われなかった「牛肉」と「豚肉」と「りんご」が含まれています。

また、ベースブレッドカレーを作っている製造工場では、イカ・オレンジ・カシューナッツ・くるみ・ごま・鮭・鯖・鶏肉・バナナ・もも・やまいも・ゼラチン・アーモンドを含む製品を生産しているので、アレルギーがある方はよく確認してから食べてください。

ベースブレッドカレーの賞味期限は?

ベースブレッドカレーの賞味期限について解説します。

ベースブレッドカレーの賞味期限は約1ヶ月です。

※2月1日に到着したものの賞味期限は3月7日まででした。

ベースブレッドは合成保存料を使っていないのに普通のパンより賞味期限が長いです。

これはなぜか?

たいちょう
たいちょう

開発チームが研究に研究を重ね、水分や酸素のコントロールによって、常温でも長期保存が可能にしているそうです。

開発チームの努力が詰まっているのです。

ベースブレッドカレーの原材料は?

ベースブレッドカレーの原材料について解説します。

ベースブレッドカレーには、牛肉・豚肉・鶏卵などが入っているのでヴィーガンやベジタリアン対応はしておりません。

ベースブレッドカレーの原材料
カレー(国内生産)(小麦・卵・乳成分・牛肉・大豆・豚肉・りんごを含む)、鶏卵、小麦全粒粉、大豆粉(遺伝子組み換えでない)、小麦たんぱく、食用植物油脂、還元水飴、発酵風味液、もち米、米ぬか、乳たん白、砂糖、チアシード、米酢、食物繊維、ドロマイト、ターメリック、食塩、クミン、真昆布粉末、粉末油脂、酵母、サトウキビ抽出物/膨張剤、酒精、調味料(無機塩等)、酸味料、着色料(カラメル、カロテノイド)、香辛料抽出物、香料    参照:ベースフード公式HP

ベースブレッド カレーをお得に買う方法

ベースブレッドカレーを購入する事ができるのは、現在Amazon、楽天、公式HPの3店舗になります。
(スポーツジムや一部のドラッグストアを除く)

ポイントを貯めたい方はAmazonか楽天で購入する事をおすすめします。

しかし、ベースブレッド カレーを最安値で購入したい方は公式HPが1番安いです。

ベースブレッドカレーの発売を記念して初めて購入する方向けのスタートセットがパワーアップしています。

【パン10食セット】

・ブレッド(プレーン)2食
・ブレッド(チョコ)2食
・ブレッド(メープル)2食
・ブレッド(シナモン)2食
・ブレッド(カレー)2食
+ 初回限定カレー1袋

¥4,720¥3,876(送料・税込)

【パン&パスタ14食セット】

・ブレッド(プレーン)2食
・ブレッド(チョコ)2食
・ブレッド(メープル)2食
・ブレッド(シナモン)2食
・ブレッド(カレー)2食
・パスタ(アジアン)2食
パスタ(フィットチーネ)2食
+ 初回限定カレー1袋
+お任せパスタソース1袋
¥6,280¥5,124(送料・税込)

なぜ、公式HPの方が安いかというと理由は下記2点です。

  • Amazon、楽天の手数料が含まれていないから。
  • 公式HPは継続コースの価格だから。
悩んでいる人
悩んでいる人

でも、継続コースって途中で解約した場合キャンセル料取られるんじゃないの?

たいちょう
たいちょう

安心してください!

ベースフード の継続コースはキャンセル料不要で簡単に解約or注文を止める事ができます。

解約の方法をまとめた記事がありますので不安の方はぜひ読んでみてください。

▼ベースブレッドカレーの注文はここから▼
初回購入20%OFF 最安です
ベースフード  スタートセット>>

まとめ

2020年にメープル・シナモンを発売したばかりのベースブレッドの新商品ラッシュは止まりませんね。

待望のしょっぱいパン「ベースブレッドカレー」が加わり、甘いパン生活とも今日でお別れです。

カレーなのでアレンジはしやすいと思うので、チーズをかけたり色々と工夫をしてみます。

▼過去のベースブレッドの全商品を比較した記事です。大作です▼

タイトルとURLをコピーしました