せっかく世田谷万葉集に訪れたのだから、まず最初に読んでほしい10記事!!>>

【完全栄養食パスタを徹底比較】「ベースパスタ」VS「ALL-inシリーズ」 

【完全栄養食パスタを比較】「ベースパスタ」VS「ALL-inシリーズ」 
悩んでいる人
悩んでいる人

完全栄養食のパスタって「ベースパスタ」と日清食品が出している「ALL-inパスタ・ヌードル」があるけどどっちを買えば良いのだろう?

本記事では、このような悩みの方に向けて記事を書いております。

本記事の内容
  • 完全栄養食 ベースパスタとALL-inシリーズについて
  • 完全栄養食パスタ徹底比較「ベースパスタ」VS「ALL-inシリーズ」
    L価格を比較
    L栄養を比較
    L賞味期限を比較
    L販売店舗数を比較
    L調理時間を比較
    L味を比較
    L口コミを比較
  • 完全栄養食パスタを比較した結果

2020年12月現在、日本には完全栄養食のパスタは2種類存在します。

ベースフード社が提供する「ベースパスタ」と日清食品社が提供する「ALL-inパスタ」です。

※日清食品社ではALL-inヌードルという商品もあります。2つを総称して「ALL-inシリーズ」と呼ばれています。

本記事では、2種類の完全栄養食パスタを調理方法、栄養、値段、口コミなどを比較して、定量的なデータを元にどちらが優れているのかを分析します。

そして最後に、「ベースパスタ」と「ALL-inシリーズ」のどちらが自分に合うのかを紹介します。

ぜひ最後まで読んでみてください。

※今回の記事では主観の影響が強い味については触れていません。あくまでも定量的なデータを元に比較をしています。

※完全栄養食とは、栄養素等表示基準値に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

完全栄養食 ベースパスタとALL-inシリーズについて

早速、比較に入る前にベースパスタとALL-inパスタって何?という方に簡単に商品の解説をします。

すでに、どちらも知っているという方は読み飛ばしてしまって構いません。

ベースパスタとは?

ベースパスタとは、世界初の完全栄養食を開発したベースフード株式会社が販売している完全栄養食のパスタです。

完全栄養食とは、1食で1日に必要な栄養素の1/3を摂取できる食事の事で忙しい方でも手軽に栄養が取れるという事でビジネスマンやスポーツマン、ダイエットをしている人に非常に人気な商品です。

2020年12月現在、ベースパスタには2種類の味があります。

アジアンとフィットチーネです。

商品名麺の種類おすすめアレンジ
ベースパスタ・アジアン細麺(1.3mm)クリームソース、ボロネーゼ
ベースパスタ・フィットチーネ平打ち麺(5mm)焼きそば、ペペロンチーノ

ベースパスタアジアン

ベースパスタフィットチーネ

ベースパスタフィットチーネ

詳細は下記の記事に記載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ALL-inシリーズとは?

世界一売れている乾麺「カップヌードル」の開発・販売を行なっている超大手企業「日清食品株式会社」が手がける完全栄養食パスタの総称です。

現在、ALL-inパスタとヌードルがあり、ベースパスタとの大きな違いはソース付きのカップタイプの商品を販売している事です。

参照:ALL-inシリーズ公式HP

商品名麺の種類おすすめアレンジ
ALL-inパスタ細麺(1.3mm)クリームソース、ボロネーゼ
ALL-inヌードル平打ち麺(5mm)焼きそば、ペペロンチーノ
たいちょう
たいちょう

今回は、ソース付きの商品ではなく麺のみの商品を比較します。

ALL-inシリーズ 麺のみ

ALL-inシリーズ 麺のみ

完全栄養食パスタ徹底比較「ベースパスタ」VS「ALL-inシリーズ」

価格で比較

ベースパスタ(アジアン・フィットチーネ)とALL-inパスタ・ヌードルの価格を比較しました。

▼下記の料金表の金額は税込です▼

ベースパスタ
アジアン
ベースパスタ
フィットチーネ
ALL-in パスタALL-in ヌードル
1食分の値段
(継続コース)
312円312円345円
(6食購入)
345円
(6食購入)
1食分の値段
(単品購入)
390円390円380円
(6食購入)
380円
(6食購入)

継続コースで購入する場合は、ベースパスタの方が安いですね。

単品で購入する場合はALL-inシリーズの方が安くなります。

たいちょう
たいちょう

今回は単純に価格が安い方が勝者という事なので、ベースパスタに軍配です。

栄養を比較

ベースパスタ(アジアン・フィットチーネ)とALL-inパスタ・ヌードルを栄養という観点で比較しました。

結論、主要な5つの栄養素で見ると、どちらも2勝2敗1分と互角の戦いでした。

ダイエットを運動をしたい人は、たんぱく質が高く、糖質が低いベースパスタがおすすめです。

また、ビタミンが豊富でカロリーが低いALL -inシリーズはキレイになりたい女性におすすめです。

もちろん、どちらの商品も完全栄養食なので、他の食品より圧倒的に栄養価が高いです。

両社を比較した場合、このような結果になりました。

ベースパスタALL-inシリーズ
カロリー高い低い
たんぱく質高い低い
糖質低い高い
ビタミン低い高い
ミネラル高い高い
たいちょう
たいちょう

主要な5つの栄養素で比較をした場合、今回は引き分けです。

ベースパスタとALL-inシリーズの全栄養素を調べてたので細かい部分が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

栄養素ベースパスタ
(アジアン)
ベースパスタ
(フェットチーネ)
ALL-in パスタALL-in ヌードル
熱量390kcal383kcal309kcal312kcal
たんぱく質29.9g29.8g23.7g25.9g
脂質9.0g8.8g12.0g11.8g
炭水化物50g48.5g30.7g29.5g
 糖質43.1g41.6g12.0g11.8g
 食物繊維6.9g6.9g8.1g7.8g
食塩相当量0.8g0.8g0.4g0.4g
亜鉛3.6mg3.6mg4.8mg5.1mg
カリウム2,635mg2,339mg843mg870mg
カルシウム236mg267mg629mg580mg
クロム7.3μg5.5μg30μg25μg
セレン28.4μg27.1μg35μg45μg
5.1mg5.2mg7.8mg7.6mg
0.4mg0.4mg0.5mg0.6mg
マグネシウム134mg134mg145mg148mg
マンガン3.2mg3.3mg1.6mg1.6mg
モリブデン48.2μg46.9μg15μg15μg
ヨウ素117μg108μg118μg149μg
リン387mg392mg334mg334mg
ナイアシン14.7mg14.7mg45mg42mg
パントテン酸3.6mg3.8mg8.3mg8.1mg
ビオチン35.6μg36.6μg16.8μg17.5μg
ビタミンA382μg366μg706μg706μg
ビタミンB11.1mg1.1mg6.10mg6.40mg
ビタミンB20.8mg0.8mg5.50mg5.50mg
ビタミンB611mg1.1mg2.00mg2.10mg
ビタミンB121.0μg1.2μg7.3μg7.4μg
ビタミンC176mg169mg163mg163mg
ビタミンD2.7μg3.0μg26.2μg26.2μg
ビタミンE5.1mg5.1mg250.3mg245.6mg
ビタミンK68μg70μg74μg74μg
葉酸184μg171μg286μg213μg

賞味期限で比較

ベースパスタ(アジアン・フィットチーネ)とALL-inパスタ・ヌードルを賞味期限という観点で比較しました。

結論から申し上げますと、ALL-inシリーズの方が圧倒的に賞味期限が長いです。

それは、ALL-inシリーズは、乾麺なのに対してベースパスタは生麺なのが大きな理由です。

毎日食べるのであれば、あまり賞味期限は関係ないですが、そうではない場合は賞味期限が長いに越したことはありません。

たいちょう
たいちょう

賞味期限という観点ではALL-inシリーズに軍配です。

ベースパスタ
アジアン
ベースパスタ
フィットチーネ
ALL-in パスタALL-in ヌードル
賞味期限1ヶ月1ヶ月8ヶ月6ヶ月

販売店舗数を比較

ベースパスタ(アジアン・フィットチーネ)とALL-inパスタ・ヌードルを販売店舗数という観点で比較しました。

結論からも申し上げますと、ベースパスタの方が取扱店舗が多く購入しやすいです。

ネットだけでなく、リアルのイタリアンの有名店でベースパスタを使ったメニューがあったり、1番有名なお店だと全国チェーン店のカフェ「プロント」にベースパスタを使ったメニューがあります。

ベースパスタ大好きな僕がプロントとのコラボメニューを食べにいった感想>>

社名ベースパスタALL-inシリーズ
公式HP⭕️⭕️
amazon⭕️
楽天⭕️
Yahooショッピング⭕️
リアル店舗⭕️
たいちょう
たいちょう

amazon・楽天のECサイト2強で取扱がありリアルの店舗でも食べる事ができるベースパスタに軍配です。

▼ベースパスタの取扱がある店舗をまとめています▼

ぜひ参考にしてみてください。

調理時間を比較

ベースパスタ(アジアン・フィットチーネ)とALL-inパスタ・ヌードルを調理時間という観点で比較しました。

料理時間はメニューによって変わるので、今回は茹で時間を比較しています。

結論から申し上げますと、ベースパスタの方が茹で時間が短く、より手軽に食べる事ができると言えるでしょう。

ベースパスタ
アジアン
ベースパスタ
フィットチーネ
ALL-in パスタALL-in ヌードル
茹で時間1分2分4分4分

またALL-inシリーズは、「麺のほぐしオイル」をかける必要があるので、茹で時間が長い上に手間が多いです。

ベースパスタは生麺の特徴を生かして、鍋で茹でる以外にも、電子レンジを使って調理をする事もできます。

たいちょう
たいちょう

キッチンがないオフィスや学校でも食べることができるので場所を選ばず手軽に食べることができるという点で、調理時間についてはベースパスタに軍配です。

口コミを比較

ベースパスタ(アジアン・フィットチーネ)とALL-inパスタ・ヌードルを口コミという観点で比較をしました。

ALL-inシリーズとベースパスタの公式HPの口コミを参考にします。

※本来はamazonや楽天の第三者機関のアンケートを参考にしたかったですが、ALL-inシリーズは出品していないので今回は公式HPの口コミを比較します。

ベースパスタALL-inパスタALL-inヌードル
公式HP平均点数4.04
(2020年3月10日以降)
3.343.51

ユーザーが、ベースパスタやALL-inパスタと比較をして点数をつけたわけではないと思うので、単純に点数の違いで優劣をつける事はできませんが、今回は定量的に測れるデータをベースに優劣をつけているので、

たいちょう
たいちょう

ベースパスタに軍配です。

ベースパスタの口コミ

ベースパスタ公式HP口コミ

ベースパスタの公式HPの口コミをまとめました。

※現在のベースパスタ(アジアン・フィットチーネ)が発売された2020年3月10日以降のデータを参照しています。

平均点数は5段階評価で4.04と非常に高い数字となっております。

アジアン・フィットチーネが発売される前は、★1や★2の評価をつける方が多かったですが、リニューアルをして味が明らかに改善されて、評価も上昇しています。

口コミの中から良い意見と悪い意見を抜粋してみました。

  • 麺に塩気が強いので、たっぷりのお湯でゆでた方が良い
  • ブレッドは良いが、パスタは・・・
  • 食べられなくはない
  • 栄養価が高いのは良いのだけど、改善してもまだ普通のパスタの方が美味い
  • 明らかにアップデートされていて、食感が向上した気がする
  • 美味しくなって栄養満点
  • 手打ちのソバだと思えば、ハードルを下げて食べられる。
  • 濃いめの味付けにすると、美味しい。
  • フィットチーネはクリームパスタと相性が良く、使いやすくなった。
  • 早い、美味い、体に良いの3拍子
  • リニューアル前と違いが明らかにわかる

▼口コミの詳細は下記の記事にまとめています▼

ぜひ参考にしてみてください。アマゾンの口コミの分析結果も解説しています。

ALL-inシリーズの口コミ

ALL-inパスタの口コミ

ALL-inパスタの公式HPでの平均点数は5段階評価で3.34点とまずまずの点数です。

ベースパスタとの大きな違いは★1や★2 をつけているユーザーが非常に多いという事です。(約3倍)

やはり、全粒粉の独特な香りと味わいが強いので、慣れていない方は悪い評価をつけてしまうのだと思います。

良い評価をつけていた口コミを見ると、味の濃いソースと合わせる事で独特な味わいをソースでかき消して食べている方が多かったですね。

ALL-inパスタの良い意見と悪い意見を一部抜粋します。

  • 栄養を感じる味だが麺に難あり。表現しがたい麺の味なので工夫が必要。
  • 味と時間と値段を気にしない、栄養だけを求める人向け
  • 率直な意見として「まずい」の一言です。
  • ソースは美味しかったのですが、如何せん麺が薬のようでパスタのようなツヤもなく。
  • バランスの取れた栄養を摂取するのって、大変なので有り難い。
  • 麺だけでおおよそ必要な栄養が入っているので、トッピングを自由に選べる楽しみもあります。
  • 手軽に身体のことを考えた商品で美味しい。
  • 息子が気に入ってます。
  • リニューアルされてからえぐみがなくなり、おいしくなったと思います
ALL-inヌードルの口コミ

ALL-inヌードルの公式HPでの平均点数は5段階評価で3.51点とまずまずの点数です。

ALL-inパスタに比べて、★1や★2の評価をした人が半減しているので、高い評価に繋がっています。

口コミを一つ一つ読んでいくと、やはり完全栄養食に共通して言える事は、普通のパスタの代用品として食べてしまうと不満が爆発するという事です。

健康に良いという前提があり、普段の食事では全てを摂取する事は難しいので完全栄養食で補完するという考え方が必要不可欠です。

それをわかった上で食べると、良い部分が見えてきます。

ALL-inヌードルで気になった口コミとしては、「通常の茹で時間だと麺がボソボソしてしまう」という点です。

やはり乾麺なので、仕方のない事なのかもしれません。

このような場合は自分の好みに合わせて茹で時間を調整しましょう。

  • 熱湯6分では、麺がポソポソして硬い。10分は必要
  • とにかく塩辛い。麺単体で食べてみても塩辛さを感じる(塩辛さというべきか、薬品のような不快な味の奥に強い塩味のようなものを感じる)
  • やっぱり健康に良いものを美味しくするのは無理なんですかね、、、すごくまずいです
  • 個人的にはパスタよりヌードルの方が麺がしっかりしているので、歯ごたえあって好みです。
  • これまで食べたことがない新食感でした。コシとは違う硬さ?の歯ごたえが癖になりました。
  • この一杯で栄養がとれるかと思うと、カップヌードルだけで済ませてしまう食事への罪悪感から解放されます。
  • このジャンルの食品と割り切ればいける

完全栄養食パスタを比較した結果

完全栄養食パスタのベースパスタとALL-inパスタを、とにかく食べ比べ色んな角度から分析した結果を発表します。

まず今回の分析結果をまとめた表になります。

定量的な数字から導き出しているので、信頼できる情報かと思います。

ベースパスタALL-inシリーズ
価格勝ち
栄養引き分け引き分け
賞味期限勝ち
販売店舗数勝ち
調理時間勝ち
口コミ勝ち
たいちょう
たいちょう

結果は、ベースパスタの方がALL-inシリーズと比べると優れている点が多いです。

しかし、これはあくまでも両サービスの数値と主観の影響が大きい味覚を比較しただけなので、人によってはALL-inシリーズの方が美味しいという方もいると思いますし、賞味期限を重視している方であればALL-inシリーズを選ぶという方もいます。

比較した結果を総合的に判断した結果、ベースパスタの方が優れている分野が多いという事です。

ベースパスタの公式HPはこちら>>
※公式HPが最安です。

完全栄養食ベースパスタ・ALL-inシリーズのお得な買い方

ここでは、完全栄養食パスタの「ベースパスタ」と「ALL-inシリーズ」をお得に購入する方法について解説していきます。

まず結論から申し上げますと、どちらの商品も公式HPで購入するのが1番安いです。

商品名最安値の店舗
ベースパスタ公式HP
ALL-inシリーズ公式HP、
人によってはYahooショッピング

ベースパスタを最安値で手に入れる方法

ベースパスタを最安値で入手する方法は、公式HPからの購入です。

Amazonや楽天に比べると1,500円以上も安いです。

公式HP(継続)公式HP(1回のみ)Amazon楽天
ベースパスタの値段
(8食分)
2,496円3,120円3,980円3,980円
一食分の値段312円390円497円497円
送料500円500円無料無料

※公式HPの継続コースの値段は初回分のみです。2回目以降は10%OFFの2,808円になります。(8食分)

公式HPの方が安い理由は明確です。

Amazonや楽天への販売手数料が発生しないからですね。

しかし最安値で購入するには継続コースを選択しないといけない点に不安がある人もいるかと思います。

ご安心ください。

ベースパスタの継続コースはスマホで簡単に解約や次回のお届けを止める事ができます。

もちろんキャンセル料や解約料は発生しません。

※配送予定日の5日前まで手続き可能。

詳細は下記の記事でまとめているので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

ALL-inシリーズを最安値で手に入れる方法

ALL-inシリーズの商品を最安値で購入する方法は公式HPです。

現在、ALL-inパスタは公式HPとYahooショッピング(PAYPAYモール)で販売がありますが、公式HPの場合送料が無料なので、安くなっています。

しかし、Yahooショッピングの場合は、Yahooのクレジットカードを持っていたり、Yahooプレミアム会員になっているとポイントがたくさんもらえますし、頻繁に値引きのクーポンを配っているので、人によってはYahooショッピングから購入した方が安い場合があります。

ALL-in公式HP
(継続コース)
ALL-in公式HP
(1回のみ)
Yahooショッピング
ALL-inシリーズの値段
(6食分)
2,073円2,280円2,280円
一食分の値段345円380円380円
送料無料無料352円

Yahooプレミアム会員に登録する>>

まとめ

今回は、ベースパスタとALL-inシリーズを客観的に比較をしてみました。

結果、ベースパスタの方が優れている点が多かったのですが、決してALL-inシリーズが悪いというわけではありません。

どちらも完全栄養食なので、1食で1日に必要な栄養素の1/3がとれる事には変わりありません。

※栄養素等表示基準値に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

なので、自分が良いと思った方を買う事をおすすめします。

どちらを食べても健康に良いという事は間違いない事実です。

でも、どちらを買うか悩んでいる方の為に、僕の見解を紹介します。

ベースパスタがおすすめな人

ALL-inシリーズがおすすめな人

最後になりますが、完全栄養食はパスタだけではありません。

ベースパスタの開発・販売を行なっているベースフード社の商品で「ベースブレッド」という商品があります。

こちらも1食で1日に必要な1/3の栄養を摂取する事ができます。

僕は朝食にベースブレッド、昼食にベースパスタを食べる事が多いです。

ベースブレッドの商品を勝手にランキング付けしてみた記事がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読むとベースブレッドのどの味を選べば良いのか分かります。

タイトルとURLをコピーしました