せっかく世田谷万葉集に訪れたのだから、まず最初に読んでほしい10記事!!>>

若ハゲの原因を自己分析で判明 負のハゲスパイラルとは【薄毛の人必見】 

最近、生え際の後退が気になる・・・まだ20代なのに・・・

ハゲの家系だから自分もハゲるのでは・・・・

猫っ毛はハゲるって本当???

本記事は、こんな悩みを抱えている人に向けて書いています。

世界的なサッカープレイヤー「リオネル・メッシ」が初めてバロンドール(サッカーが超うまい人に贈られる賞)を受賞した年齢の頃に、僕は自分がハゲ始めている事に気が付きました。

そう、23歳です。完全に若ハゲです。

元々、猫っ毛だったので、10代の頃から髪の毛のボリュームが足りないと自覚はしていましたが、23歳の頃、風呂上りに前髪を上げた時に確信に変わりました。

「明らかにハゲてきている!!」と。

自覚した瞬間から、薄毛がコンプレックスになりました。

「もしかしたら、自分の薄毛が周りの人にバレているのでは??」

日々、この悩みが頭をよぎりました。

なので髪の毛が濡れるのが嫌で、雨も嫌いですし、海とかプールは絶対にNGでした。

日本はまだ、「ハゲ=カッコ悪い」という固定概念が根付いています。

当時の僕は、まだ結婚していないですし、「ハゲが進行するとカッコ悪いから結婚とかできないんじゃないか??」と毎日風呂上りに鏡の前で悩んでいたのを今でも思い出します。

今は坊主頭にしてコンプレックスから解放されましたが、坊主頭にする事も悩みに悩んだ末の決断です。

現在進行形で薄毛で悩んでいる人。

ハゲ家系だから、将来心配で悩んでいる人。


現在、誰がどう見てもハゲている僕が自己分析をしてハゲの原因を7つ発見しました。

これを見て、ハゲたくない人は生活を改善してみてください。

スポンサーリンク

髪質が猫っ毛だったから髪の毛ハゲた?

冒頭にも書きましたが、僕の髪質は猫っ毛で柔らかくて非常に細かったです。

なので湿気の多い日は紙がぺちゃんこになって、なかなか髪型が決まらなく、いつも学校に遅刻していたのを覚えています・・・

髪型をキープする為に整髪料を多めにつけていた事が若ハゲの原因だったのかもしれません。

若ハゲへの最短距離の7ステップ

  1. 猫っ毛
  2. 髪型が決まらない
  3. 整髪料の力でキープ
  4. 猫っ毛だから、すぐにペッタンコに
  5. また整髪料つける
  6. 頭皮に油がたまる
  7. ハゲへの特急券

隔世遺伝が原因で髪の毛ハゲた?

母方の祖父がハゲていると、ハゲが隔世遺伝するというのは噂で聞いた事があります。

事実なのかはわかりませんが、僕の場合、母方も父方の祖父もゆで卵みたいにツルっとしたハゲ頭だったので、どちらの遺伝子を受け継いでも結果ハゲる運命だったのです・・

ハゲる為に産まれてきたと言っても過言ではありません。
とほほ・・・

せめて若ハゲではなく、普通におじさんになってからハゲたかった・・・

昼夜逆転生活をしていたから髪の毛ハゲた?

僕は8年間バーテンダーという仕事をしていました。

いわゆる夜のお仕事ですね。

営業時間が夜なので、朝方、始発で家に帰り就寝し、昼前に起きて15時ぐらいに出勤するという毎日を8年間過ごしていました。

完全に昼夜逆転生活です。

太陽の光をほとんど浴びない毎日で睡眠不足も慢性化していたのが原因の1つなんじゃないかと思っています。

実際に、この8年間で一気に髪が抜け落ちました。

※たしかにバーテンダー仲間には若ハゲが多かったです・・・

そりゃ、毎日ジェルでオールバックにしてれば、ハゲますわ。

お酒の飲み過ぎと不規則な食生活で髪の毛ハゲた?

お酒は本当によく飲んでいました。

職業がバーテンダーなので、お酒の味を知らないとお客様に勧める事ができないですよね。

勉強の為、毎日色んな店に行ってお酒を飲むことが日課になっていました。

勉強(=飲酒)が終わりバーテンダー仲間とラーメンを食べたりと、毎日体によくない物をたくさん摂取していたのも原因の1つだと思います。

自分では気付かず、子供時代にストレスを感じていたから髪の毛ハゲた?

僕の場合、これは可能性低いと思うのですが、ストレスが原因で薄毛になるのは医学的に証明されています。

僕はあまりストレスを感じないタイプの人間だと思っていますが、もしかしたらストレスを感じないタイプの人間を、自分で気づかずに演じてきただけなのかもしれません。(うーん、なんか哲学的)

子供時代を振り返るとストレスを感じる環境の変化がたくさんありました。

父親の仕事の都合で小学生時代を台湾で5年間過ごす

転校が多かったり、慣れない海外での生活は、今の僕の長所でもあるゴキブリ級の環境適応能力を養った非常に有意義な経験だと思っています。

しかし思春期の生活環境の大きな変化は、自分で気が付かないうちにストレスを感じていたのです。

帰国子女という完全にモテる冠を手にしたのですが、その反動で若ハゲという完全にモテない冠まで手に入れてしまいました。

両親の離婚

これも大きな環境の変化でしたね。

母がいなくなり父方の祖父母と父親と暮らすようになりました。

家族や食事、住む家も変わり、気が付かないうちに大きなストレスを感じていました。

母親というかけがえのない大切な人を失ったのに、僕から髪の毛まで奪う神様は酷すぎます。

帽子を被り過ぎたからハゲた?

これは可能性が高いと思っています。

僕は頭の形が良く、顔のサイズはXLサイズなのですが、帽子がよく似合いました。

なので必然的に帽子を被る機会が増え、頭皮に蓋をした状態で1年中過ごしていたので毛根が呼吸困難になり、死んでいったのかもしれません。

またハゲが進行すると、隠したい気持ちから帽子を被る。

負のハゲスパイラルです。

帽子の被り過ぎが僕を若ハゲにしていきました。

関連記事:帽子を被るとハゲるって本当?帽子と薄毛の関係性 薄毛歴10年の現役坊主頭の僕が語る

髪を乾かさずに寝ていたからハゲた?

「髪を乾かさない=ハゲる」というわけではないと思いますが、髪を乾かさないと頭皮に潜む雑菌が活動しやすくなる環境になってしまうのです。

頭ニキビの原因でもありますね。

なので頭皮ケアをしてこなかった事も原因の1つだと思います。

今は話題の炭酸シャンプーを使って、頭皮環境を整えています。

やはり市販のシャンプーより効果ありです!!

関連記事:【ボウズで薄毛の僕が効果を実感】炭酸シャンプーSIMFORT(シンフォート)はオススメ

▼シンフォート(SIMFORT)を試してみる▼
なんと今なら、初回75%OFFの1,980円
全額返金保証付きで、回数縛りなし!!

炭酸シャンプー『SIMFORT(シンフォート)』を申し込む>>

【まとめ】僕がハゲた原因とその対策

     原因可能性対策
猫っ毛 〇無理。遺伝
隔世遺伝 〇無理。これも遺伝
昼夜逆転生活 ◎可能。仕事選ぶ
お酒の飲み過ぎ、
不規則な食生活
 〇可能。自制する
ストレス △微妙。でも発散する方法はあったはず
帽子の被りすぎ ◎可能。帽子とればよい
髪を乾かさずに寝ていた 〇可能。ドライヤーやれ

振り返りをして気づいたのですが、僕は若ハゲになるべくしてなっています。www

自業自得ですね。

もっと早くから自己分析すれば良かった。

スポンサーリンク

ハゲに悩んでいるあなたへ

なかなか人に相談できない悩みですよね。

ハゲに悩む事で、またハゲる。

ハゲに悩むとバレたくない一心で生活にも支障がでます。

髪の毛を濡らしたくないから、海・プール・温泉にいけない・・・
・強風の日は、すぐにビルのガラスとか見て髪型を確認する・・・
・朝、髪型セットするのに本当に時間がかかる・・・(ここの毛を左前にもってくると、今度は右ががら空きだ・・・)
・髪型の話題になると、その場から立ち去りたくなる・・・

仕事柄、ボウズはNGという人もいますし、まだ育毛を諦めたくない人もたくさんいると思います。

育毛剤を買う前に、頭皮環境を整えませんか?

洗浄力抜群のSIMFORT(シンフォート)という炭酸シャンプーがおすすめです。

使ってみた効果を記事にしています。是非参考にしてみてください。

関連記事:【ボウズで薄毛の僕が効果を実感】炭酸シャンプーSIMFORT(シンフォート)はオススメ

ハゲの先輩からのメッセージです。

「恋と薄毛の悩みは、人に相談すれば半分は解決する」

ハゲだけに薄い話ですが、以上でになります。

育毛を諦めた方は、坊主が一番楽でオススメです。

坊主歴5年の僕が一番オススメするセルフカット用のバリカンのレビューです。

関連記事:【1mm坊主がオススメする】絶対に失敗しないセルフカット用バリカンはこれ。

【1mm坊主がおすすめする】絶対に失敗しないセルフカット用バリカンはこれ。
坊主頭に挑戦したいけど、どのバリカンを買えばよいかわからない。 今使っているバリカンを買い替えたい。そんな方々必見です。 坊主頭歴5年間で500回以上のセルフカットをした僕がオススメするバリカンを紹介します。
タイトルとURLをコピーしました