たいちょうのプロフィールはこちら

【元バーテンダーが語る】バーテンダーの仕事内容を赤裸々に公開。

お酒
スポンサーリンク

バーテンダーって、どうやってなるの?面接とか試験あるの?
バーテンダーって、給料いくらなの??
バーテンダーってちゃんと寝れてるの?1日のスケジュールは?

この記事を読んでくれた人は、
バーテンダーの仕事に興味がある人だと思います。

「バーテンダー 仕事内容」の検索結果の一番上の記事は、
バーテンダーをやったことがない人が書いた薄い内容だったので
8年間バーテンダーとして働いていた僕が、
バーテンダーの仕事について赤裸々に語ります。

スポンサーリンク

バーテンダーの仕事って何するの?

オーセンティックBAR、カフェBARとBARには色んな種類がありますが、バーテンダーの仕事は全ての店で共通しています。
「お客様をおもてなしする事」です。

バーテンダー(BarTender)の名前の由来は
Bar(酒場)とTender(世話人)を足して作られたと言われています。

今も昔も変わらず、酒場にきたお客様をおもてなし(お世話)する事が仕事です。
では具体的には、何をするかというと。

お酒を作って提供する。

これが皆さんが一番思い浮かべるやつです。
シェイカーでカクテルを作ったり、グラスに丸い氷を浮かべてウイスキーを静かに注ぐ。
バーテンダーの腕の見せ所ですね。
この技術を向上させる為に、カクテルコンペティションとかに出場したりしますね。(僕も全国大会とか出てました。ホテルで1,000人ぐらいの人の前でカクテル作るのは超緊張します。)

接客

お酒を作ったりするのは、ごく一部でほとんどの時間は接客です。

お客様との会話もそうですし、お手洗い戻るお客様に温かいお絞りを提供したり灰皿を変えたり、お客様のお見送りをしたり、

お客様をしっかりおもてなしする事が一番重要な仕事です。

掃除

常にキレイなお店を心がけるのが大事です。飲んでて虫が出たら、そのお店に二度といかないですよねwww

トイレ掃除やカウンター、テーブル掃除、グラスやボトルを磨いたり、掃除はお客様を招き入れる為の必須のお仕事です。

バーテンダーになる為に必要なスキルは?

「やる気」のみですwww
美味しいカクテルの作り方やお酒の知識、お客様との会話、
これすべてバーテンダーになってから身に着けるものです。

「私は、コミュニケーション能力低いからバーテンダーは無理だな」
いえいえ、そんな事ないです。

僕は8年間バーテンダーをやって、多くのバーテンダーに会いましたが、

クラスで一番のお調子者で面白い人タイプの人は1人しかいかなったですよ。
逆に、教室の端で本を読んでいるタイプの人が多い印象です。

バーテンダーは最終的に自分を売る仕事になります。
クラスで1番面白いのも個性、静かな読書家も個性です。

多種多様なお客様がくるので、一概に面白い話が上手であればよいものではありません。
あなたの個性を武器にしてお客様と接するのが良いと思います。

バーテンダーになると、お酒の本をたくさん買って勉強する事になると思いますが、最初はこれ読んでください。
これには、各種お酒の原材料から製法、バーテンダーの心得、全てが詰まっています。
参考書と一緒でたくさんの本を買うより一冊を何度も読み返した方が勉強になります。

どうやってバーテンダーになるの?

僕の場合は、最初カフェBARみたいな店のアルバイトからスタートしました。
そこで接客や簡単な調理、ドリンク作成など一通り経験しました。

半年後ぐらいに、銀座の街を適当に歩いて見つけた店に飛び込みで働かせてもらうように交渉しました。

それで給料8万、1日18時間労働で休みは月4日、食事付きの素晴らしい待遇を獲得できました。
労働基準法に反していたのは秘密ですwww

あなたがどのタイプのバーテンダーになりたいかによって、アプローチの仕方は変わってくると思いますが、
僕の経験上オーセンティックBARで働くならばお店に行って相談してみるのはアリだと思います。

実際に行って、「バーテンダー」になりたいです。と相談してみましょう。

BARは周りのBARと繋がっています。
なので「あー、たしか知り合いの7丁目のBARが人探してるって言ってたよ。」とか紹介してもらえたりします。

ただし、しっかりと熱意を伝えなければいけないですよ。
不器用でも良いので、自分がバーテンダーをやりたい理由を話してみてください。

この方法は裏ワザなので、正規ルートから攻めるのであれば、求人サイトで探す方法が良いですね。

「ペコリッチ」という求人サイトはお祝い金をもらえたり、
お店に下見に行く際の費用を出してくれたりします。
(僕の時代にもこんな素晴らしいサービスがあれば・・・・)

2019年6月20日に求人確認しましたが「BAR」で検索すると86件ほど求人広告出てました。自分に合った店を探してみてください。

バーテンダーの生活リズムは?

バーテンダーは営業時間も長いし、閉店後の掃除や、カクテルの練習、同業者との付き合いもあって、何時に家に帰って、睡眠時間はどれぐらいで、お休みとかあるの??

バーテンダーのお店以外の姿は中々遭遇できないと思いますので、赤裸々に解説します。

たいちょうの1日はこんな感じでした。
PM15:00 起床
PM16:00 出勤(開店準備、氷割ったり、掃除したり)
PM18:00 夕飯
PM19:00 開店(営業開始!!)
AM3:00  閉店(掃除、片付け、カクテルの練習)
AM5:00  近所の店のバーテンダーと朝飯ついでに飲みに行く
AM8:00  帰宅
AM8:30 就寝

睡眠時間も6時間30分とそこそこ寝ています。
バーテンダーは体力も大事ですからね。
営業後予定がなければ始発で帰ったりもしていました。

しかし、カクテルの大会が近づくと、昼頃までお店で練習をして、
近くのサウナで風呂入って仮眠とって開店準備と、ありえない生活をしていた事もあります。
自分がどういうバーテンダーになりたいかどうかなので、僕みたいに命を削って練習しまくるのが正しいとは思いません。

早く帰って、情報収集をする事もお客様との会話に役立ちますしね。

結論、スケジュールは自分で調整すれば睡眠時間は確保できます。

スポンサーリンク

バーテンダーの収入って??

NikolayFrolochkinによるPixabayからの画像

バーテンダーはお金目当てでやるならオススメはしませんwww
僕は修行中は月8万円でしたwww
(今考えればどうやって暮らしていたんだろう・・・・)

で8年後には30万円ぐらいでしたね。

自分でお店を始めて繁盛すれば、もっともっとお金はもらえると思います。

しかし、みなさんはバーテンダーをやりたいですか?それともBARの経営者になりたいですか?

ここが難しいんです。
みなさんが想像しているオーセンティックBARって大きくても30人ぐらいキャパのお店がほとんどです。一人で店をやろうと考えると30人も相手にできないので10席とかが限界ですかね。

仮に単価が3,000円の店で、一日2回転する超繁盛店で、日曜定休の月26日営業をすると月の売上は156万です。

家賃やら光熱費、材料費等もろもろ諸経費を抜くと80万残れば良い方ですね。
なので年収は960万です。

体調が悪い日も1人で1年中フル活動して年収1,000万に届くか届かないか。
さらに飲食店の35%は開業から1年で潰れるという飲食激戦時代です。

お金を稼ぐのであれば、一生懸命サラリーマンやった方がよいです。

バーテンダーはお金目当てだとできない仕事です。
でもお金以上に、人の出会いがあります。

僕はバーテンダーをやめた今でも、当時のお客様とは友達として関係は続いていますし、僕の妻は元々お客様でしたwww
お店の場所によっては有名芸能人に会えたり、上場している会社の社長さんともお話できたります。

上場企業の社長と2時間のアポイントをとる事がどれだけ難しいか?
色んな方と話をして吸収して人間的に成長ができる仕事がバーテンダーです。

こんなに素敵な仕事はないと思いますので、お金の不安はあるかもしれませんが人との繋がりが、それを解決してくれます。

あなたがバーテンダーになりたいという気持ちが本気であれば、挑戦すべきです。
(じゃあ、なぜ僕がバーテンダーを辞めたかというと、ものすごく長くなるので、次のタイミングで文章にしますね。)

まとめ

・バーテンダーは「やりたい」という熱意があれば誰でもなれます。
・収入は高いとは言えないけど、お金に換えられない経験や人との繋がりが手に入ります。
・昼夜逆転生活にはなりますが、意外と寝れます。

これを読んで、あなたの背中を少しでも押せたら幸いです。
もし良かったら、シェアお願いします!!

タイトルとURLをコピーしました