せっかく世田谷万葉集に訪れたのだから、まず最初に読んでほしい10記事!!>>

完全栄養食べースフード(BASE FOOD)の口コミ 忙しい方におすすめ

育児をしていて忙しいから時間がなく、栄養価の高い食事が食べられない・・・

1人暮らしで仕事が忙しから時間がなく食事はコンビニで済ます事が多い・・・

本記事は、多忙により栄養価の高い食事を摂取できずに悩んでいる方に向けて書いています。

僕は妻と協力して仕事と育児を、なんとか両立しています。

それでも、子供を寝かしつけるのが9時ぐらいになり、夕食はコンビニ弁当や牛丼が食卓に並ぶ事が多かったです。

これは決して我が家だけではないと思います。

さすがに、コンビニ弁当が続くと体に悪影響が出ると思い、簡単に作れて栄養価の高い食事を探している時に出会ったのが「BASE FOOD(ベースフード)」という商品です。

これは、1食で1日に必要な栄養素の3分の1がとれる、完全栄養の主食です。

なので1日3食食べれば1日に必要な栄養素を網羅できます。

たいちょう
たいちょう

わが家ではこのベースフードを食生活に取り入れて、短い時間で調理し栄養を摂りました。

そのおかげで、体調を崩さず育児と仕事を両立させる事ができています。

育児に限らず、1人暮らしで自炊が面倒で食事をコンビニ弁当で済ませてしまっている方も必見です。

話題の完全栄養主食「BASE FOOD」を紹介します。

ベースフード(BASEFOOD)とは?

参照:BASEFOOD公式HP

1食で1日に必要な栄養素の1/3が摂取できる、完全栄養の主食です。

全粒粉や大豆、昆布、チアシードなど、10種類以上の原材料をブレンドすることで、 美味しさと高い栄養価の二刀流を実現。

かんたんで、おいしくて、からだにいい、現代人のためのあたらしい主食です。

ベースフード(BASEFOOD)のラインナップとは

ベースヌードル(BASENOODLE)

ベースヌードル(BASE NOODLE)は、26種のビタミン&ミネラル、31.5gのたんぱく質、8.2gの食物繊維など、からだに必要な栄養素がぎゅっとつまった完全栄養の生麺です。

ベースヌードル(BASENOODLE)の原材料

小麦全粒粉や大豆、昆布など、栄養豊富な食材を10種類以上ブレンドしてつくっています。

合成保存料や合成着色料、合成香料などの余計な添加物は使用していません。

ベースヌードル(BASENOODLE)栄養素

1食で1日に必要な栄養素の1/3がすべて含まれています。

下記の棒グラフのように、多くの栄養素で基準値を超えています。

カロリーも1食あたり377kcalと少なく、ダイエットされている方にもオススメです。

出典:BASE FOOD

ベースヌードル(BASENOODLE)賞味期限

お届けから約1ヶ月。合成保存料は使用しておらず、パッケージ内の酸素を抜いた上で加熱殺菌を行うことにより、生麺でも長期保存ができるように調整しております。

ベースヌードル(BASENOODLE)調理方法

お湯で茹でる方法(塩なし/塩あり)

公式HPには、「塩ありでゆでる場合は、お湯1Lに対して塩10gを入れてください。」と記載がありますが、個人的には15gぐらい入れた方が美味しいです。

茹で時間も公式HPには3分と記載がありますが、個人的には2分30秒ぐらいの方が麺にコシがあって美味しいです。

味の濃いソースの場合は塩なしで、ソースがあっさりしている場合は塩ありが良いです。

ベースヌードル(BASENOODLE)アレルギーは?

小麦、大豆、卵がふくまれています。

ベースヌードル(BASE NOODLE) 特製ソース

現在、販売しているソースは2種類です。

  • コクと旨みのボロネーゼソース(1人前120g)
  • ピリ辛 台湾まぜそばソース(1人前30g)

もちろん合成着色料、合成保存料、合成香料は一切使われておりません。

ベースブレッド(BASE BREAD)

ベースブレッド(BASE BREAD)は、26種のビタミン&ミネラル、28.1gのたんぱく質、6.8gの食物繊維など、からだに必要な栄養素がぎゅっとつまった完全栄養のパンです。

1袋に2つのベースブレッド(BASE BREAD)が入っています。

ベースブレッド(BASE BREAD)の原材料

小麦全粒粉や大豆、昆布など、栄養豊富な食材を10種類以上ブレンドしてつくっています。

合成保存料や合成着色料、合成香料などの余計な添加物は使用していません。

ベースブレッド(BASE BREAD)の栄養素

1食で1日に必要な栄養素の1/3がすべて含まれています。

下記の棒グラフのように、多くの栄養素で基準値を超えています。

それでいて、カロリーも1食あたり441kcalと少なく、ダイエットされている方にもオススメです。

わが家では毎朝、ベースブレッド(FOOD BREAD)を食べています。

出典:BASE FOOD

ベースブレッド(BASE BREAD)の賞味期限

BASE BREADの賞味期限は、お届けから約1ヶ月です。

合成保存料をつかわず、水分や酸素のコントロールをおこなうことで、常温でも長期保存が可能です。

保存方法は、直射日光、高温多湿をさけ、冷暗所で保存してください。

ベースブレッド(BASE BREAD)のアレルギー

小麦・卵・乳・大豆

※ベースブレッド(BASE BREAD)の製造工場ではオレンジ、やまいも、りんご、ゼラチンを含む製品を生産しています。

ベースフード(BASE FOOD)の味はどうなの?

ベースヌードル(BASE NOODLE)の味

ベースヌードル(BASE NOODLE)は正直好き嫌いがあると思います。

麺の食感がパスタのようにツルっとしていないので、初めて口に入れた時は少し戸惑うと思います。

塩茹でしただけで食べると正直美味しくないと思います。

たいちょう
たいちょう

しかし、BASE FOOD特製ソースが非常にクオリティが高く、特に「ピリ辛 台湾まぜそばソース」は台湾に5年間住んでいた僕が太鼓判を押します。

自分流にアレンジする事ができるのがBASE FOODの良いと所ですね。

下の写真は僕がBASE NOODLEに特製ソースのピリ辛 台湾まぜそばソースをかけ、ちょい足しで肉みそと温泉卵をかけています。

この組み合わせは最高です。

ベースブレッド(BASE BREAD)の味

たいちょう
たいちょう

べースブレッド(BASE BREAD)はベースヌードルと違い、そのまま食べても美味しいです。

イタリアンやフレンチに行くと必ず出てくるパンをイメージしてもらうと良いと思います。

僕は、単独で食べると少し味気ないので、コーンスープとか一緒に食べたり、バターやジャムを塗って食べたりしています。

最近の流行はチーズを乗せて、1分電子レンジで温めてから、夕食の残りのトマトソースチキンと一緒に食べると絶品です。

3分ぐらいで作れるので本当に素晴らしい!!

ベースヌードル(BASE NOODLE)のおすすめレシピ

毎日色んなソースを試している僕が、過去に挑戦したレシピを大公開します。

僕が毎日ベースヌードルの食べて気づいた事は、ベースヌードルの独特な小麦全粒粉の味を、いかに上手に消すか融合させるかが美味しく食べるコツだと思います。

たいちょう
たいちょう

なのでパスタソースも比較的味の濃いものを選んでいます。

関連記事:【ベースパスタを手軽に美味しく食べるレシピ】おすすめの市販のパスタソース10選

ベースフード(BASE FOOD)の売っている場所は?コンビニ?Amazon?楽天?

2020年2月13日現在では公式HPとAmazonでベースフード(BASE FOOD)を買う事ができます。

販売店公式HPAmazonAmazon
メニューベースヌードル(4食)
ベースブレッド(4食)
ソース(4食分)
ベースヌードル(4食)ベースブレッド(4食)
料金2,060円1,980円1,980円
1食当たりの料金257円495円495円

ベースフードが初めての方は公式HPのスターターキットがオススメです。

今なら、初回限定50%割引が適応され送料込み2,060円で体験できます。

【スターターキット内容量】
・ベースヌードル×4食分
・ベースブレッド×4食分
・おすすめソース(4食分)のおまけ付

↓BASE FOOD公式サイトはこちら↓

 

Amazonギフト券やAmazonポイントを使いたいという方はこちらを参照してください。

ベースフード(BASE FOOD)の支払い方法は?

支払い方法は3種類あります。

  • Amazon pay
  • クレジットカード
  • 代引き(330円)

クレジットカードはVISA、マスター、アメックス、JCBが利用可能です。

継続コースではなく、単品購入(1回のみ)の利用の場合は上記の他にもコンビニ払い・銀行振り込みが選択できます。

どんな人がベースフード(BASE FOOD)に向いている?

たいちょう
たいちょう

仕事や育児、自分の夢の為に頑張る人にはBASE FOODが向いています。

多くの人が目の前のやらなければいけない事に追われて、食事を適当に済ませてしまっています。

でも、食事は健康の基本です。

高いパフォーマンスを発揮するには健康を維持する事が大事。

短い調理時間で1日に必要な栄養を摂る。

そして、自分のやるべき事に全力で取り組む。

頑張るあなたをサポートしてくれるのがBASE FOODです。

↓BASE FOOD公式サイトはこちら↓

ベースフードの効果・感想

ベースフード(BASE FOOD)よりコンビニの添加物たっぷりのパスタや菓子パンの方が美味しいと多くの人が言うと思います。

でも、それだと栄養が偏りますよね。

毎日を主食をベースフードに変えろとは言いませんが、まずはできる範囲で食事をベースフードに置き換えてみても良いと思います。

たいちょう
たいちょう

僕は3ヶ月続けていますが、風邪を引かなくなりましたし、仕事も育児も全力で取り組む事ができています。

もちろん、たまにはラーメンも食べますし、お酒だって飲んでしまいます。

でも、ベースフードで必要な栄養を摂れているから罪悪感なく、たまに暴飲暴食ができています。

健康への投資が一番リターンが大きいです。

死んだらお金は使えないですし、不健康だったらお金を使って楽しむ事ができません。

投資に絶対はないですが、健康への投資は絶対です。

ハーバード大学博士課程修了した津川さんという方が本でベースフードを紹介しています。

↓詳細はベースフードの公式HPへ↓

ベースフード(BASE FOOD)って子供も食べられるの?

全粒粉を使っているので、ベースヌードルもベースフードもそのままの状態で食べると、子供には向かないと思いますが、しっかり味付けをすれば子供に食べされてる事ができます。

子供は好き嫌いが多いので、なかなか栄養を摂取する事ができません。

たいちょう
たいちょう

ベースフードであれば、簡単に高い栄養素を摂取する事ができるので子供にもおすすめです。

 

タイトルとURLをコピーしました